前へ
次へ

一つずつスキンケアを進めるやり方

夏の時期は、化粧水を冷蔵庫で冷やしておき、コインフェイスマスクに化粧水を十分に染み込ませ、マスクを広

more

スキンケアは正しい仕方で行うこと

朝起きて顔を洗った後やお風呂上りの後のスキンケアは、肌の潤いを保っていくために重要なことです。

more

スキンケアについて思うところ

大人になれば自然にお化粧をするようになり、自分の体の手入れが当たり前になると考えていました。

more

簡単手作りコスメで肌のスキンケアを

ビタミンCにも恵まれているローズマリーを使った、普段のスキンケアにも愛用のできる、ローズマリー軟膏を手作りすることができます。
ローズマリーを20g、無水エタノールを100cc用意して、ハーブのローズマリーを無水エタノールに、ハーブのローズマリーを漬けこんで2週間もすると、目にも鮮やかなエメラルドグリーンとなり完成です。
エタノールにハーブの成分を漬けることで、抽出される液体がチンキであり、ローズマリーの成分はこうして抽出をされます。
軟膏にすることでスキンケアに使えるローズマリーチンキですが、思いのほか使える幅は広いです。
乾燥から肌を守るための化粧水を作る際にも使えますし、オリジナルの香水作りにチャレンジをしたり、バスタイムの入浴剤としても利用ができます。
心地よい香りで癒されたいなら、ルームスプレーにするのも悪くはありません。
肌のコンディションがイマイチの時には、鏡を見るのも嬉しくはないものの、そんなときだからこそ十分な水分補給が大事です。
ニキビや敏感など様々な肌トラブルがありますが、ほとんどの発端は乾燥からきています。
調子の悪い肌にへこんでいるよりも、十分は保湿ケアをしてあげることで、肌も心も明るくなります。
化粧水をたくさん使っているのに、なぜか肌の乾燥が治まらない時には、内側からの水分チャージを試みることです。
スキンケアといえば化粧水や乳液など、基礎化粧品をたくさん使用するケアに意識が行きますが、身体の中が乾いていては皮膚も乾燥をします。
体内の水分を満たす方法は、混ざり物のない水をこまめに飲むことであり、ジュースやコーヒーなどではありません。
1日の中で1.5Lから2Lを目安に、ミネラルウォーターや白湯を飲む、水分補給をすると肌も潤います。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren1set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

シーズンごとに各メーカーから基礎化粧品が新発売されると、次から次へと新しいケアアイテムを試したくなります。
気がつけば何円も使わないままの基礎化粧品を発見することがありますが、年数が経過したものは思い切って処分です。
基礎化粧品にも使用期限があって、開封をして長く時間が経過すると、酸化をしたり殺菌が増えるなどするので、古いコスメは処分して、新しい化粧品は早めにスキンケアで使い切るようにします。

Page Top